2008年05月07日 07時30分 UPDATE
特集/連載

Ask The Expert【Q&A】統合脅威管理ツールとは?

UTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)を導入するメリットは何か。また、どのような機能があるのかを説明する。

[Michael Cobb,TechTarget]

質問:UTM製品に共通する機能は何ですか、そして各製品独自の機能あるいは将来追加される見込みの機能としては、どういったものがありますか。

 UTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)とは、複数のセキュリティ機能を1つのアプライアンスに統合したファイアウォールデバイスを指す用語だ。最低限の機能として、ネットワークファイアウォール機能、侵入検知/防御(IDS/IPS)、およびゲートウェイでのウイルススキャンを実行する能力を備えていなければならない。各社のUTMに見られるそのほかの共通機能としては、Web、インスタントメッセージング、電子メールトラフィックなどの広範なネットワーク通信のフィルタリングと制御がある。UTMには複数の機能が統合されているので、パケットの徹底的な検査およびOSI(Open System Interconnection)モデルの第2層から第7層までのリアルタイムの攻撃防御が可能だ。VPN機能を備えた製品もある。

 UTMアプライアンスは急速に普及しているが、その理由の1つとして、オールインワン型装置のため導入、設定、運用が容易なことが挙げられる。こうした単一構成は、複数のセキュリティシステムを管理するのと比べると、時間、経費、労力を節約できる。複数の単機能型アプライアンスを配備するには、それぞれのデバイスの操作に慣れる必要があり、管理やサポートも個別に必要となるが、シンプルなアプライアンスであれば、ネットワーク管理者は1台のボックスで一元的にセキュリティ管理を行える。また、UTMアプライアンスは複数の機能を備えているため、アプリケーション層のトラフィックを検査できない従来型のベーシックなファイアウォールをリプレースする必要性を経営陣に納得させやすい。

関連ホワイトペーパー

UTM | 運用管理 | アプライアンス


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...