2008年01月16日 04時45分 公開
特集/連載

「SSLさえ使っていれば安全」は大きな誤解最後に侵入テストを行ったのはいつ?

本当に危険なのは、データが転送された後でWebサーバやアプリケーションの脆弱性を突かれてしまうことだ。そのための対策は万全だろうか?

[Kevin Beaver,TechTarget]

 Secure Sockets Layer(SSL)をめぐる誤解はあまり指摘されていないが、実はWebセキュリティに対するわれわれの見方をゆがめている。一般的に、Webサイトや電子商取引アプリケーションがどれだけ安全かを考える場合、「SSLが使われていればWebサイトとそのデータはいたって安全」ということになってしまっている。

 Webサイトのプライバシー/セキュリティポリシーの一部として、「このWebサイトは128ビット暗号化で保護されています」といった文を堂々と載せているのも見掛ける。Webセキュリティに真剣に取り組んでいる「証明」として、認証機関へのグラフィカルリンクまで置かれていることもある。

 コンピュータの使い方を紹介するラジオ番組で、ホストがSSLについて話すのも耳にする。Web上でのデータ保護についての一般的なアドバイスは、ブラウザに表示されるSSLの鍵アイコンを確認しながら操作することで、そうすればきちんと安全を確保できるという。

 業界の強力なマーケティングの結果として、またもや消費者とビジネスユーザーは思い込みを持ってしまっているように見えるのはわたしだけだろうか。それは、通信中のデータが暗号化され、接続先のWebサイトの真正性が確認されていれば、オンライン上の安全確保は万全だというものだ。

関連ホワイトペーパー

SSL | サーバ | 脆弱性 | セキュリティ対策


ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。