2008年05月08日 19時08分 UPDATE
ニュース

NEWSIBMが処理能力を約2.5倍向上したRDBMS最新版、Ruby on Railsにも対応

RDBMS「IBM Informix Dynamic Server」の最新版を発表。クラスタリング機能とワークロード管理機能を強化し、前バージョンと同等の稼働環境にした場合では全体の処理能力を最大約2.5倍向上したという。

[関 雄一,TechTargetジャパン]

 日本アイ・ビー・エムは5月8日、オンライン処理向けのデータベース管理ソフトウェアの最新版、「IBM Informix Dynamic Server V11.5」を発表した。5月13日より出荷を開始する。

 IBM Informix Dynamic Server基幹系システムの構築から大規模システムの構築まで対応するRDBMS(Relational DataBase Management System)。最新版ではクラスタリング機能とワークロード管理機能を強化した。特定のノードへの負荷集中を防ぎ、旧バージョンに比べて多くのトランザクション処理ができるようになった結果、稼働環境を同等にした場合は全体の処理能力が最大約2.5倍向上するという。

 また、標準装備の管理ツールOAT(Open Admin Tool)のデータ管理にかかわる各種設定を容易にしたことで、運用管理、監視、運用作業を簡素化。その結果、管理コストは最大で約3割削減できるとしている。また、同量のデータをより少ないサーバ数で処理できるため、管理コストを抑えられる。

 アプリケーション開発機能の強化としては、オープンソースソフトウェア(OSS)の開発言語のPHPやRuby on Railsのサポートに加え、Oracle DBとの言語互換性を高めた。また、Mac OSにも対応している。

 IBM Informix Dynamic Server V11.5の製品ラインアップと価格は以下の通り。

製品名 価格(税込み) ユーザー数
IBM Informix Dynamic Server V11.5 Express Edition 10万5000円 5ユーザー
IBM Informix Dynamic Server V11.5 Workgroup Edition 22万3125円 5ユーザー
IBM Informix Dynamic Server V11.5 Enterprise Edition 297万9375円 25ユーザー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

オフライン広告の効果可視化とマーケターの働き方改革に向け、サイカとインテージが業務提携
サイカとインテージは業務提携を行い、オフライン広告の効果測定における汎用的な分析ソ...

news027.jpg

電通など3社、“人”基点でコンテンツマーケティングを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズの電通グループ3社は、“人”基点で...

news014.jpg

スマホサイトのユーザビリティ 業種別1位は通信、企業別では?――トライベック・ストラテジー調査
トライベック・ストラテジーとトライベック・ブランド戦略研究所は、「スマートフォンユ...