2008年05月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Active Directory運用術Microsoft DNSサーバを単独でバックアップするには

Active Directoryを安全に機能させるためには、DNSサーバを定期的にバックアップする必要がある。DNSサーバのバックアップ方法を紹介する。

[Brien M. Posey,TechTarget]

 Active DirectoryはDNS(Domain Name System)に完全に依存しているため、DNSサーバを定期的にバックアップすることは極めて重要だ。

 DNSサーバのバックアップに関してMicrosoftが推奨している方法は、システム状態のバックアップだ。このテクニックは確かに有効だが、オールオアナッシング的なアプローチである点に注意が必要だ。すなわち、DNSに問題が生じたためにシステム状態をリストアしようとした場合、レジストリやActive Directoryデータベースなどのコンポーネントもリストアすることになる。

 幸いにも、DNSサーバを単独でバックアップする方法が2つある。ただし、バックアップするゾーンに対応した方法を選ばなければならない。

プライマリ/セカンダリゾーン

 プライマリ/セカンダリゾーンの場合、ゾーン情報がテキストファイルで保存されているのでバックアップは簡単だ。XCOPYコマンドを使ってDNSフォルダをバックするだけでいいのだ。このコマンドの使用例を以下に示す。

XCOPY %SYSTEMROOT%\system32\dns c:\backup\dns /y

 上記のコマンドは、「\Windows\System32\DNS」フォルダ内にあるすべてのファイルを「C:\backup\dns」にコピーする。最後にある「/y」スイッチは、ユーザーに確認を求めるメッセージを出さずに直ちにコマンドを実行するためのものだ。

 プライマリ/セカンダリゾーン情報のリストアも同様に簡単だ。「\backup\DNS」フォルダ内のファイルを「%SYSTEMROOT%\system32\dns」フォルダにコピーするだけだ。

関連ホワイトペーパー

バックアップ | Active Directory


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...