2008年05月30日 19時20分 UPDATE
ニュース

NEWSアライドテレシスとコレガが合併、SMB向け事業に注力

アライドテレシスとコレガが2009年1月に合併する。コレガ製品は中堅・中小企業向けビジネスのブランド下で展開される。

[TechTargetジャパン]

 アライドテレシスホールディングスは、同社連結子会社のアライドテレシスとコレガの合併を発表した。合併は2009年1月1日の予定。アライドテレシスはコレガを吸収合併するが、中堅・中小企業(SMB)向けの事業としてコレガの製品ブランドを継続する。

 アライドテレシスは1987年の設立以来、スイッチやメディアコンバータなど企業向けネットワーク機器の販売を手掛けてきた。また1996年設立のコレガは、無線LAN機器など家庭向けPC周辺機器を中心に製品を展開している。

 両社の合併後、アライドテレシス内に「コレガ事業部」を設置、小・中規模オフィス向けに最適化したLANソリューションならびにサポートサービスを提供する。また、独自の販売チャンネルを構築し、工事などネットワークインテグレーションも行う販売店を全国規模で増やしていく。なお、コレガが得意とする家電量販店頭向けの製品販売は継続するという。

 アライドテレシスは2011年までに同事業で100億円の売り上げを目指す。

関連ホワイトペーパー

SMB | 無線LAN | ルータ


この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

海の家でトライアル、O2Oアプリ×IoTで店舗のスマホ施策はどう変わる?
江ノ島にある海の家でO2OアプリとIoT販促ツールを組み合わせた実証実験が行われている。...

news023.jpg

LINEと博報堂DYデジタル、「LINE」上での広告効果測定の精緻化を図る共同プロジェクトを開始
LINEは、同社の広告サービスにおいて、効果測定の精緻化を図るプロジェクトを博報堂DYと...

news056.jpg

SSP「fluct」、Bulbitの全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」と連携開始
fluctは、SSP「fluct」がBulbitのモバイルアプリ向け全自動マーケティングプラットフォー...