2008年06月03日 19時53分 UPDATE
ニュース

NEWSオーシャンブリッジのドキュメントポータル最新版、Office 2007を正式サポート

最短1カ月で導入が可能なドキュメントポータル「Net-It Central」の最新版を発売。「Microsoft Office 2007」も正式サポート対象となり、Open XMLフォーマットのファイルについてもブラウザでの表示が可能だ。

[TechTargetジャパン]

 オーシャンブリッジは6月3日、企業向けナレッジ共有システムの最新版「Net-It Central 7.1」の販売を開始した。Net-It Centralは、Word、Excel、PowerPoint、PDFなどの文書や、CAD図面(AutoCADなど)、画像(TIFFなど)のファイルをファイルサーバにドラッグ&ドロップするだけで、イントラネットのWebサイトに公開できるドキュメントポータル。既存のファイルサーバの内容をそのまま反映してWebサイトを構築するため、最短1カ月で導入が可能だという。

 Webサイト上の文書は、Webブラウザでの表示に特化した独自形式(CDLデータ)になっており、文書フォーマットに対応したアプリケーションがなくても、Webブラウザだけですべての文書が高速に表示される。また、CDLデータに変換された文書は、検索エンジンと組み合わせることで、検索キーワードにヒットした個所をページ単位で取り出し可能になるほか、「閲覧はできるが、印刷・持ち出しは禁止」というようなアクセス制限も可能だ。

 最新版では、動作環境にWindows Vistaを追加。また、「Microsoft Office 2007」も正式サポート対象となり、Microsoft Office 2007より新たに採用されたOpen XMLフォーマット(.pptx、.docx、.xlsx)のファイルについても変換が可能。Net-It Centralでファイルを共有することで、Microsoft Office 2007を搭載していないマシンからもOpen XMLフォーマットのファイルを閲覧することができる。

画像 Net-It Centralの導入イメージ

 価格は、ファイル公開数1万まで、30サイト対応の「コーポレートエディション」が240万円、ファイル公開数無制限、100サイト対応の「アンリミテッドエディション」が360万円(ともに1サーバライセンス)。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

電通と日本マイクロソフト、視線検知を活用した人工知能型屋外広告を提供開始
電通と日本マイクロソフトは、リアルタイムオーディエンス分析と視線検知によるインタラ...

news085.jpg

ぴあ、「PIA DMP」とGoogle「DoubleClick Bid Manager」を連携したコンサルティングサービスを提供
ぴあは、DMPサービス「PIA DMP」において、Googleが提供するデジタル広告プラットフォー...

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。