2008年06月09日 17時28分 UPDATE
ニュース

NEWSシトリックス、高性能/グリーン化を両立したハイエンドWeb高速化スイッチ

新製品のNetScaler MPXではマルチコアアーキテクチャを採用し、10Gbpsのスループットを実現した。消費電力の低さも特徴だという。

[TechTargetジャパン]

 シトリックス・システムズ・ジャパンは6月9日、Webアプリケーション配信を高速化する「Citrix NetScaler」の新製品「Citrix NetScaler MPX」を発表、同日より出荷を開始した。マルチコアCPUを搭載し、従来製品に比べパフォーマンスを向上させた点が特徴。

画像 NetScaler MPX

 NetScalerは、Webサーバのトラフィック負荷分散機能をベースにデータ圧縮・キャッシュなどのWebアクセス高速化機能を加えた製品。PCI DSS(PCIデータセキュリティ基準)に対応するWAF(Webアプリケーションファイアウォール)も装備する。NetScaler MPXではマルチコアのCPUを搭載、データセンター向けのハイエンド製品として大規模な並列処理ができるようにしている。10Gbps以上のスループットを誇り、1台で従来の2.5倍以上の数のWebアプリケーションを高速配信できるという。

 また同社独自のテストによると、省電力設計により従来製品と比較して約50%消費電力を抑えることができるとしている。サーバ仮想化製品「Citrix XenServer」と組み合わせると、負荷状況に合わせた仮想化サーバリソースの動的な割り当てによるサーバのオフロードが可能だ。

 価格は、「NetScaler MPX 15000」が2100万円、「NetScaler MPX 17000」が2800万円(いずれも標準構成時、税抜き)。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...