2008年06月10日 18時05分 UPDATE
ニュース

NEWSHDEがホスティングサーバ管理ツールの最新版、RHEL 5/CentOS 5に対応

「HDE Controller ISP Edition」の最新版「HDE Controller 5 ISP Edition」を販売開始。RHEL 5/CentOS 5対応のほか、メールおよびサーバセキュリティ機能を強化している。

[TechTargetジャパン]

 HDEは6月10日、ホスティングサーバ管理ツールの最新版「HDE Controller 5 ISP Edition」の販売を開始した。

 HDE Controllerは、HDEが1999年より開発・販売を行っているLinuxサーバ管理ソフトウェアの総称。Linuxディストリビューション上にインストールすることにより、Webやメール、DNSなどのサービス設定およびユーザーアカウント、メーリングリストメンバーの管理、さらに、サーバのサービスやログの監視などが可能だ。これらの設定をすべてWebブラウザ上からGUIを使用して操作できる。ISP Editionは、1台のサーバマシンで複数のドメインを運用可能にするバーチャルドメイン機能を有し、最大300ドメインまで管理することができるホスティング事業者に最適化されたエディションである。

 最新版では、Red Hat Enterprise Linux 5(Intel x86/Intel EM64T)とCentOS 5(Intel x86/Intel EM64T)に対応。また、submissionポート対応、SMTP over SSL(SMTPS)対応などメールセキュリティ機能を強化している。サーバのセキュリティ対策としては、利用しているサーバアプリケーションの名前やバージョン番号を非表示に設定することが可能だ。

画像 HDE Controller 5のトップ画面《クリックで拡大》

 さらには、Webのアクセス統計機能も強化し、管理画面でアクセス統計をグラフィカルに表示できるようになった。月単位に加え、日、時間ごとの統計グラフが表示でき、URL別のヒット数ランキングやファイル数、ページ数、訪問者数、データ転送量などの情報も表示できる。

画像 Webアクセス統計画面《クリックで拡大》

 価格は1年間のサポート付きで15万4560円(税込み)から。旧バージョンのISP Editionのユーザーでサポート期間中の場合、無償でバージョンアップが可能だ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...