2008年06月11日 17時58分 UPDATE
ニュース

NEWSヴイエムウェア、仮想デスクトップ管理製品の日本語版を発売

デスクトップ向け仮想化製品「VMware Virtual Desktop Manager 2.1」の販売を開始。クラスタ当たりの同時接続数を最大5000までサポートし、数万台規模のデスクトップ管理にも対応する。

[TechTargetジャパン]

 ヴイエムウェアは6月11日、デスクトップ向け仮想化製品「VMware Virtual Desktop Manager 2.1」を発表した。これまで英語版のみ提供されていたが、本アップデート版より日本語環境にも対応した。7月1日より販売パートナーを通じて日本市場へ出荷開始予定だ。

 データセンターからデスクトップを管理できる仮想デスクトップインフラ「VMware Virtual Desktop Infrastructure(VDI)」の主要コンポーネントであるVirtual Desktop Managerは、クライアントと仮想デスクトップマシンとの接続管理を行う。新版のVirtual Desktop Manager 2.1では、Virtual Desktop Managerサーバによるクラスタ当たりの同時接続数を最大5000までサポート。複数クラスタを使用することで何万というリモートデスクトップからの接続が可能だ。

 また、Virtual Desktop Managerをサーバ仮想化プラットフォーム製品と組み合わせることで、「VMware Infrastructure」の特許技術であるメモリオーバーコミット機能を活用してサーバ当たりの実行可能な仮想デスクトップマシン数を増やすことができる。仮想デスクトップ接続数を増やし、管理を一元化することにより、管理工数やサポートコストを削減するとともに、新規にデスクトップを調達する手間が省けるとしている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...