2008年06月27日 19時28分 UPDATE
ニュース

NEWS日本HP、5万円を切るタワー型ProLiantサーバ新機種を販売開始

タワー型エントリーサーバの新製品2機種「HP ProLiant ML115 G5」および「HP ProLiant ML150 G5」を発売。7月4日より出荷を開始する

[TechTargetジャパン]

 日本ヒューレット・パッカードは6月27日、x86サーバ「HP ProLiant」ファミリーにおいて、タワー型エントリーサーバの新製品2機種「HP ProLiant ML115 Generation 5」(以下、ProLiant ML115 G5)および「HP ProLiant ML150 Generation 5」(以下、ProLiant ML150 G5)の販売を開始した。

画像 HP ProLiant ML115 G5(左)とHP ProLiant ML150 G5(右)

 HP ProLiant ML115は個人ユースにも対応するHP ProLiantファミリーの最エントリー機。ProLiant ML115 G5では、最新のAMDマルチコアCPU(「デュアルコアAthlon」「デュアルコアOpteron」などから選択」)への対応や、32Mバイトのオンボードビデオメモリ、3本のPCI Expressスロットを搭載するなどの性能強化が図られている。また、主にWindows Server 2003/2008の導入作業を簡便化する、必要なデバイスドライバやセットアップツールなどを収録した「Easy Set-up CD」が添付する。価格は4万8300円(税込み)から。

 HP ProLiant ML150は、ミッドレンジ機並みの性能で付加価値機能を絞り込むことで低価格を実現した、中小規模オフィスや支店サーバ向け製品。ProLiant ML150 G5ではインテル「クアッドコア Xeonプロセッサ」搭載やディスク容量の拡大など、性能と拡張性を強化している。最大16Gバイトのメモリ(1Gバイト標準搭載)搭載し、また最大8基搭載可能なHDDには6Tバイトまでのデータを格納できる。価格は9万8700円(税込み)から。

 HP ProLiant ML115 G5およびHP ProLiant ML150 G5ともに、出荷開始は7月4日を予定している。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...