2008年07月01日 07時30分 UPDATE
特集/連載

IEEE 802.11a/b/gと共存できる?【Q&A】IEEE 802.11nのグリーンフィールドモードは安全か?

従来よりも高速な通信が期待できるグリーンフィールドモード(ハイスループットモード)は、レガシーモードと共存させることができるだろうか?

[Lisa Phifer,TechTarget]

質問:802.11nのグリーンフィールドモードの目的は何ですか。既存の無線ネットワーク環境で問題が起きる心配はないのでしょうか。

 IEEE 802.11nのハイスループット(HT)モード――「グリーンフィールドモード」とも呼ばれる――を使用する端末は、同じチャンネルを使っている802.11a/b/g端末が存在しないことを前提としている。また、802.11a/b/g端末は、グリーンフィールドモードのAP(アクセスポイント)と通信することはできない。そのため、これらの端末が同じチャンネルを共有している場合、その送信データは衝突する可能性が高く、双方にエラーと再送信を引き起こす。

関連ホワイトペーパー

IEEE | 無線LAN


この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

電通デジタルとトライベック、オムニチャネルを視野に入れた「ECサイト診断」サービスを提供開始
電通デジタルとトライベック・ストラテジーは、両社が共同開発した「ECサイト診断」サー...

news032.png

「WEBCAS e-mail」、複数メールの横断分析やトランザクションデータの差し込みができる新バージョンを発売
エイジアはメール配信システム「WEBCAS e-mail」の新バージョンを発売すると発表した。新...

news010.jpg

最後はやはり「人間」だから――B2Bマーケティングにおけるエモーショナルなアプローチの意義
米国のB2Bマーケティングは、日本に比べて圧倒的に進んでいるといわれています。今回は、...