2008年07月03日 17時59分 UPDATE
ニュース

NEWSソーテック、120タイトル以上のソフトウェアダウンロード販売サービスを開始

インターレックスと共同で「SOTEC SOFT DIRECT」を開設。5種類のカテゴリで合計120タイトル以上のソフトウェアを取り扱う。すべてのソフトで製品版と同一の機能を提供する体験版を用意している。

[TechTargetジャパン]

 ソーテックは7月3日、インターレックスと共同で「SOTEC SOFT DIRECT」を開設し、ソフトウェアのダウンロード販売サービスを開始した。

 SOTEC SOFT DIRECTは、インターレックスが提供するネットワーク認証型DRM(Digital Rights Management)「Buddyサービス」を利用した、Windows用PCソフトのダウンロード販売サイト。ダウンロード購入が初めてのユーザーでも安心して購入できるよう、製品版とまったく同じ機能を一定期間利用できる体験版を用意している。また、購入したソフトウェアのダウンロードには、回数・期間の制限はなく、PCの買い換え時やファイルの紛失・破損時には、何度でもダウンロードして再インストールが可能だ。

 現状、SOTEC SOFT DIRECTで取り扱うソフトウェアのカテゴリは、「ゲーム」「ビジネス・セキュリティ」「趣味・実用」「教育・学習」「携帯・PDA用」の計5種類で、商品数は計120タイトル以上。「ビジネス・セキュリティ」カテゴリでは、インターネットテレフォンのオフィススイート「EIOffice2007特別版」やインターチャネル・ホロンのウイルス対策ソフト「V3 ウィルスブロック インターネットセキュリティ2007」など計5タイトルを提供している。

関連ホワイトペーパー

オフィススイート | ウイルス


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...