2008年07月10日 18時09分 UPDATE
ニュース

NEWSIBM、オラクル、アシスト、Oracle VMベースの仮想化ソリューションで協業

オラクルやIBMの検証施設において、3社の技術者が共同で「Oracle VM」とサーバ/ストレージを組み合わせた最適構成を検証する。

[TechTargetジャパン]

 日本アイ・ビー・エム、日本オラクル、アシストの3社は7月10日、オラクルのサーバ仮想化製品「Oracle VM」を活用した仮想化ソリューションおよびITインフラ領域において協業することを発表した。日本オラクルおよび日本アイ・ビー・エムは自社製品・ソリューションを提供し、アシストは導入・構築や保守・運用支援サービスを提供する。

 今回の3社協業の具体的な内容としては、日本オラクルと日本アイ・ビー・エムの検証施設「Oracle GRID Center」および共同技術センター「IBMオラクルコンピテンシー・センター」において、3社の技術者が共同でOracle VMとIBMのサーバ製品「IBM System x」「IBM BladeCenter」やストレージ製品「IBM System Storage」を組み合わせた機能検証や推奨構成の作成を実施する。3社は既に技術検証チームを発足しており、事前検証済みの最適構成および最適構成における運用・構築手法の作成に着手している。検証を実施する予定のモデルは「IBM System x3850 M2」「IBM System x3650」「IBM BladeCenter HS21」など。

 また同日、3社はオラクル製品とIBM製品を活用した仮想化技術およびITインフラ導入の普及・促進を目的としたコンソーシアム「アシスト・IBM・オラクル仮想化アライアンス」を設立。まずはアシストを事務局として設立し、年内50社程度に参加企業を拡大していく予定だ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

アドエビスに「シナリオコンバージョン」機能
ロックオンは、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」をバージョンアップし、「...

news119.jpg

テレビ東京、IRIS.TVの動画パーソナライゼーション機能をモバイルアプリに採用
ブライトコーブは、業務提携を締結しているIRIS.TVの動画パーソナライゼーション機能がテ...

news061.jpg

世界の広告費成長率、デジタルが2桁成長でテレビ超え――電通イージス・ネットワーク予測
電通イージス・ネットワークは、世界59カ国・地域から収集したデータに基づき、「世界の...