2008年07月15日 18時54分 UPDATE
ニュース

NEWSエージーテック、持ち出しPCのセキュリティ対策を月額2500円でASP提供

アステックインタナショナルの開発した持ち出しPC向けセキュリティ向上システム「セキュリティコンパクト」のASPサービスを開始。3ユーザー/6カ月利用で4万5000円、月額換算すると1ユーザー当たり月々2500円で利用が可能だ。

[TechTargetジャパン]

 PCソフトの開発・流通を手掛けるエージーテックは7月15日、アステックインタナショナルの開発した持ち出しPC向けセキュリティ向上システム「セキュリティコンパクト」のASPサービスを開始した。

 セキュリティコンパクト ASPサービスでは、使用するPCをインターネット経由でASPのデータセンターに接続。ノートPC上のファイルをドラッグ&ドロップで専用フォルダに登録するだけで自動的に暗号化され、復号キーはサーバ側に格納される。そして該当ファイルを開くと同時にサーバ認証を経て復号キーを取得し、かつアクセス情報がサーバに記録される。このため、万一ノートPCの置き忘れや盗難などの事故が発生しても、第三者への情報漏えいを未然に防ぐと同時に、万一漏えいした場合もその原因究明に役立つ情報が確保される。またASP提供のため、ユーザー企業はシステム投資や運用コストを気にせず強固なセキュリティを確保できる。

 価格は1Administrator+3ユーザー/6カ月間利用で4万5000円、同1年間利用で9万円(ともに税抜き)。

関連ホワイトペーパー

ASP | 情報漏洩 | 暗号化 | セキュリティ対策


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...