2008年07月16日 16時50分 UPDATE
ニュース

NEWS日本コンピュウェア、ITシステム状況を可視化するビジネスサービス管理の新製品

ビジネスサービス管理の新製品「Vantage Service Manager」を発売。ITシステムの状態を監視し、実務やサービスへの影響度合いをリアルタイムにグラフや数値で可視化する。

[TechTargetジャパン]

 日本コンピュウェアは7月16日、ビジネスサービス管理の新製品「Vantage Service Manager」の販売を開始した。

 Vantage Service Managerは、サーバやストレージ、ネットワークなど各種ITシステムの状態を監視し、実際の業務やサービスへの影響度合いをリアルタイムにグラフや数値などで可視化する製品。ITシステムの運用管理担当者からITシステムの効果を測る管理職、経営者まで、企業のすべての階層がビジネスサービス運用管理に携わることができる。

 各種監視ツールによって収集したIT情報と、構造化した実際の業務やサービスの定義をVantage Service Managerの設定画面でマッピング入力することで、ITシステムと実際の業務やサービスを連携。連携データは、経営者、サービスマネジャー、運用者がそれぞれ必要な項目や単位、表示形式にカスタマイズできるダッシュボード上で、グラフや数値に変換することができる。ダッシュボードにはITシステムの稼働状況とともに、エンドユーザーへのサービス状況を地図上で表示したり、拠点や地域ごとのサービス利用状況を時間軸上にグラフ表示したりすることが可能だ。

 価格は100モニタリングユニットライセンス込みで、2093万円(税込み)から。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...