2008年07月24日 18時24分 UPDATE
ニュース

NEWSCTC、VMwareに特化した仮想化検証施設を開設

VMwareによる仮想化に特化したシステム検証施設を国内で初めて開設。ヴイエムウェアの技術支援を得て実環境同等の環境で検証を実施する。

[TechTargetジャパン]

 伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は7月24日、仮想化に特化した検証施設「Competency Center for VMware」を同社の総合検証施設「テクニカルソリューションセンター(Technical Solution Center)」内に開設した。VMwareに特化した検証施設としては国内初となる。

 Competency Center for VMwareはヴイエムウェア製品に特化した仮想化検証施設。実環境と同等の環境を構築して仮想化技術の検証を行うことができるという。ヴイエムウェアの技術支援の下、さまざまな技術や製品・サービスを組み合わせながらヴイエムウェア製品の性能を最大限に引き出す仮想化ソリューションの拡充を目指す。

 CTCは、2007年12月に国内で初めて米VMwareとGlobal System Integrator(GSI)契約を締結。これまでにも「VM Pool」や「NV Pool」などヴイエムウェア製品を中心とした多くの仮想化ソリューションをリリースしている。同社は今後の仮想化ビジネス全般の販売目標として、3年間で150億円を目指す。

関連ホワイトペーパー

VMware | 仮想化


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

news093.png

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。