2008年07月24日 08時00分 公開
特集/連載

仮想マシンの隠れたコストに要注意実は意外と高くつく

仮想マシン管理ソフトウェアベンダーの米Emboticsによると、150台の仮想マシンを運用するIT部門は、余分な仮想マシンのために5万〜15万ドルを支出しているという。

[Megan Santosus,TechTarget]

 米Emboticsが最近発表した仮想マシンの隠れたコストに関するホワイトペーパーは、仮想マシンライフサイクル管理ソフトウェアのベンダーにふさわしい内容だ。それによると、150台の仮想マシンを運用するIT部門は一般に、余分な仮想マシンのために5万〜15万ドルを支出しているという。こうしたコストは、4つの分野で発生する。具体的には、インフラ(プロセッサ、ストレージ、メモリなど)、管理システム(バックアップ、変更管理、構成管理など)、サーバソフトウェア(OSやアプリケーションのライセンス)、管理作業(およびトレーニング)だ。Embotics マーケティング担当副社長のデビッド・リンチ氏は、顧客が自社で運用する仮想マシンの半分が余分だと気付くことも珍しくないと語った。

 仮想マシンは、本当にそれほど高くついてしまうものなのだろうか。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | 仮想化 | データセンター


ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...