2008年07月29日 16時39分 UPDATE
ニュース

NEWS日本オラクル、保守部品の在庫削減を支援する製造業向け新アプリケーション

買収したDemantraの需要予測エンジンを活用した「Oracle Service Parts Planning」を販売。需要予測と補充計画で保守部品の在庫削減を実現し、製造業における保守サービス業務を支援する。

[TechTargetジャパン]

 日本オラクルは7月29日、保守部品の計画を支援する新アプリケーション「Oracle Service Parts Planning」の提供を開始した。

 Oracle Service Parts Planningは、製品・設備の保守サポートに必要となる部品の需要予測、補充や分配を計画するための製造業向けアプリケーション。米Oracleが2006年に買収したDemantraの需要予測エンジンを活用している。サービス部品の需要予測機能はもちろん、全社レベルでの部品在庫情報を可視化するサービス部品補充計画機能や、サービス計画担当者向けの専用ダッシュボードといったサービスプランナーワークベンチ機能を搭載する。特に製造業の保守サービス業務を支援するツールとして、最適な需要予測に基づく保守部品補充計画を立案することにより、部品の在庫削減を可能にする。

 さらに「Oracle E-business Suite」と連携活用することで、サービス部品に関する販売、購買や在庫業務の標準化や迅速化が可能になるとしている。

関連ホワイトペーパー

Oracle(オラクル) | 製造業 | SCM | 業務プロセス


注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news117.jpg

三越伊勢丹、中国小売業最大手の京東(ジンドン)と越境ECで戦略的業務提携
三越伊勢丹は中国小売業最大手の京東と越境ECで戦略的業務提携することに合意。京東が展...

news014.jpg

御社にもできる営業改革、効率化の余地を発見する5つの質問
今回のテーマは中小企業の営業改革です。HubSpotの顧客管理や営業支援機能の活用法を紹介...

news015.jpg

Pinterestユーザーが探している「生活を豊かにするアイデア」とは?
画像共有サービスの「Pinterest」でユーザーが探している「ライフスタイルをより豊かにす...