2008年07月31日 16時32分 UPDATE
ニュース

NEWSバラクーダ、200万円を切るWAFアプライアンスをSMB向けにリリース

Webアプリケーション脆弱性対策、SSL暗号化処理、負荷分散の機能を備えるセキュリティアプライアンスを197万円で提供する。カード業界基準PCI DSSにも準拠した。

[TechTargetジャパン]

 メールセキュリティベンダーのバラクーダネットワークスジャパンは、アプライアンス型のWebアプリケーションファイアウォール(WAF)「Barracuda Web Site Firewall」の販売を8月1日より開始する。価格を抑え、eコマースサイトを運営する中堅・中小企業(SMB)などに売り込む。

画像 25〜100Mbpsのスループットに対応するWeb Site Firewall

 Web Site Firewallは、Webアプリケーションの脆弱性を突くSQLインジェクション、クロスサイトスクリプティングといった攻撃やDoS(サービス妨害)攻撃、改ざんなどから企業のWebサイトを防御する製品。サーバ負荷分散機能を備えるプロキシとして動作し、最新の攻撃パターン定義に基づいて攻撃トラフィックを検知・遮断したり、アプリケーショントラフィックをSSL暗号化したりできる。また管理面では、同社のほかのセキュリティ製品と共通のUI(ユーザーインタフェース)と管理/設定画面を備え、操作性を向上させた。

 製品は処理性能(スループット)や機能の異なる「360」「460」「660」の3機種で構成。一般にWAFは大企業向けの高価格の製品が多いが、下位モデルの360は197万円(税抜き)と、SMBでも手が届く価格設定となっている。上位モデルの460は433万5000円、660は719万5000円(いずれも税抜き)。また、カード決済機能を利用・提供するサイト向けにPCI DSS(クレジットカード業界のセキュリティ基準)にも準拠する。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...