2008年08月25日 18時45分 UPDATE
ニュース

NEWSアルファ、SAP ERPのグローバル導入で統合業務管理システムを構築中

「SAP ERP」を2009年4月に国内、2010年中にはすべての海外拠点で本格稼働させ、会計や生産管理などの業務管理を全社規模で統合予定。SAP ERP導入後は「SAP GRC Access Control」のグローバル導入も予定している。

[TechTargetジャパン]

 SAPジャパンは8月25日、総合ロックメーカーのアルファが基幹業務ソフトウェア「SAP ERP」の採用を決定したことを発表した。アルファは、SAP ERPを2009年4月に国内、2010年中にはすべての海外拠点で本格稼働させ、会計や生産管理などの業務管理をグローバルで統合する予定だ。

 アルファは自動車・住宅・産業機器・ロッカーなど幅広い分野にキー(鍵)とキーレス商品を提供するロックメーカー。現在同社では、会計、販売、購買・在庫や生産などを独立したシステムで管理しており、国内だけでなく、海外4拠点(アメリカ、メキシコ、中国、タイ)も同様の状況となっている。そこで同社はこの状況を改善するためにSAP ERPを採用、財務・管理会計、販売管理、在庫・購買管理、生産管理機能を備えた経営システム基盤の再構築を行う。

 併せてアルファでは、従来の業務管理方法そのものを見直し、SAPのテンプレートに自社の業務管理を合わせるという手法で社内の業務改革を行う。現在社内では、日次生産計画、原価整備、予算策定、マスターデータ整備、そして内部統制の5つの業務改革チームを発足し、システム稼働に合わせて社内業務改革を進めている。

 これにより同社は、企業内の業務管理システムをスリム化し、全社的に作業時間とコストの削減を目指す。SAP ERP導入後は、予実差異分析、適正な在庫管理やリードタイムの短縮、生産管理、会計などのさらなる精度向上、決算の早期化、内部統制の強化など、全社規模でさらに収益性の高い企業の実現を目指すとしている。なお、アルファ向け新システム構築プロジェクトでは、アトムシステムが基本構想設定、要件定義、システム設計・開発、運用サポート、およびチェンジマネジメントを担当する。

 今後アルファでは本プロジェクトの延長として、より高レベルでの企業コンプライアンスの強化に向け、統合アクセス管理ソフト「SAP GRC Access Control」のグローバル導入も予定している。

関連ホワイトペーパー

SAP | ERP | 生産管理 | 内部統制 | コンプライアンス | 基幹システム


注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。

news135.jpg

カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスが提携
カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスは提携し、テレビCMとデジ...