2008年09月29日 18時55分 UPDATE
ニュース

NEWS日立電サ、初期費用無料のシステム監視サービスを提供

Webサーバやメールサーバなどの監視メニューをセット化し、初期費用0円、約3週間でリモート監視・運用体制を構築する「ITマネジメントサービス システム監視ライトプラン」を販売。

[TechTargetジャパン]

 日立電子サービス(以下、日立電サ)は、日立製品を購入後に日立電サのハードウェア遠隔保守サービスを導入しているユーザー向けに、ITシステムの監視サービスを提供する「ITマネジメントサービス システム監視ライトプラン」(以下、システム監視ライトプラン)の販売を10月1日より開始する。

 同社は従来、サーバやネットワーク機器に対して日立ソリューションサポートセンタからリモートで24時間365日監視を行うシステム監視サービス「ITマネジメントサービス」を提供している。今回提供を開始するシステム監視ライトプランは、Webサーバやメールサーバなどのサービスプラットフォームに対する監視メニューをセット化し、初期費用0円、約3週間という短期間でリモート監視・運用体制を構築する。

画像 システム監視ライトプランの概要

 監視内容としては、各システムの死活監視、ディスク監視、プロトコル監視を行い、WebサーバについてはHTTP、HTTPSリクエストの応答、メールサーバはSMTP、POP3、IMAPリクエストの応答、DNSサーバはDNSリクエストの応答をそれぞれ監視する。

 サービス提供価格は、監視対象機器3台までは月額5万2500円、 4台目以上は1台につき月額5250円(価格はすべて税込み)の追加となる。日立電サでは今後2年間で3億円の売り上げを目指す。

関連ホワイトペーパー

サーバ | ITサービス継続性管理


ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。