NECフィールディング、中小規模向けのサーバ運用監視サービスを商品化NEWS

NECフィールディングが、サーバ10台程度の中小規模システムを対象として、24時間365日体制でサーバの運用状況を監視するサービスを商品化し、販売を開始した。

2007年05月30日 17時25分 公開
[TechTarget]

 NECフィールディングは5月30日、サーバ10台程度の中小規模システムを対象として、24時間365日体制でサーバの運用状況を監視するサービス「WebSAMオフィス運用監視サービス」を商品化し、同日より販売を開始したと発表した。サービスの提供は8月1日からとなる。

 本サービスは、NECのサーバ管理ソフト「WebSAMオフィス」を利用し、PCサーバ「Express5800シリーズ」の運用状況をNECフィールディングの監視センターから24時間365日体制で遠隔監視するというもの。

 サーバ1台当たりの初期導入費用が2万円、月々の運用費用が6000円と比較的低価格なことに加え、WebSAMオフィスの導入作業と日々の監視作業はNECフィールディングの専門技術者が行う。万一、監視対象サーバの障害発生を検知した場合には、電話や電子メールでユーザーに障害発生を連絡するとともに、別途締結するハードウェア保守契約に基づいた保守サービスにより、迅速な復旧を実現するという。

 また本サービスは、6月13日から6月15日まで幕張メッセで開催される「INTEROP2007」のNECグループブースで紹介される予定だ。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...