2008年10月17日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSインテル、マイクロソフト、ウチダスペクトラムがPC運用管理の新イニシアチブを設立

インテル、マイクロソフト、ウチダスペクトラムの3社の協業により、クライアントPCの運用管理を支援する「マネージド ビジネスPC イニシアチブ」が発足。3社共同でソリューション提供や技術検証を行っていく。

[TechTargetジャパン]

 インテルマイクロソフト、ウチダスペクトラムの3社は10月16日、企業が保有するクライアントPCの運用管理効率化とTCO削減の支援を目的とした「マネージド ビジネスPC イニシアチブ」を共同で設立したと発表した。

 同イニシアチブは、ハードウェアレベルでセキュリティ機能および運用管理支援機能を搭載したインテルのビジネスPC向けプラットフォーム「インテル vPro テクノロジー」搭載PCと、マイクロソフトの構成管理ソフトウェア製品「System Center Configuration Manager 2007」(以下、SCCM 2007)を組み合わせたソリューションを、ウチダスペクトラムがユーザー企業に提供するもの。

 インテル vPro テクノロジーを搭載したクライアントPCをSCCM 2007で一元管理することにより、従来のPCと運用管理ソフトウェアの組み合わせでは状況を把握できなかった「電源が入っていないPC」や「OSがハングアップしてしまったPC」もリモート管理できるようになる。これにより、オンサイトでのサポート件数を低減するなど、運用管理を効率化して保守費用を削減できるという。

 同イニシアチブでは3社共同で技術検証を行い、その結果をホワイトペーパーとして公開する。また併せて11月にセミナーを開催し、詳細について発表する予定。2009年6月までに、2万5000台のクライアントPCに運用管理ソリューションを提供することを目指すとしている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

ブレインパッド、人工知能のビジネス活用を支援するサービス提供を提供開始
ブレインパッドは、人工知能(AI)を用いた最新技術のビジネス活用を支援する「機械学習...

news096.jpg

モリサワ、Webフォントサービス「TypeSquare」でWebフォントの文字詰めに対応
モリサワは、Webフォントサービス「TypeSquare」において、モリサワフォントを含む配信中...

news060.jpg

「愛される理由」はアンケートでは分からない――定量調査と定性調査、それぞれの役割
ビジネスに貢献するロイヤリティーの高いユーザーを育てるため、“愛されWeb”の構築は重...