2008年10月20日 10時33分 UPDATE
ニュース

NEWSリアルコム、SharePoint導入・活用支援コンサルティングサービスを提供

マイクロソフトの「SharePoint展開計画サービス」に対応したコンサルティングメニューを提供。Notes/DominoからSharePoint Serverへの移行コンサルティングや、SharePoint Serverを活用したナレッジ共有を推進するQ&Aサイトの立ち上げを支援する。

[TechTargetジャパン]

 リアルコムは10月17日、マイクロソフトの「SharePoint展開計画サービス」(以下、SDPS)に対応した、「Microsoft Office SharePoint Server 2007」(以下、SharePoint Server)の導入・活用を支援するコンサルティングを開始した。

 SharePoint展開計画サービスは、マイクロソフトが展開するSA特典(ソフトウェアアシュアランス特典)。ユーザー企業は本サービスを利用することで、マイクロソフトのビジネスパートナー各社からSharePoint Server導入検討のために必要な「機能説明」「提案」「技術検証」「パイロット環境の構築」「業務への適用コンサルティング」などを追加費用なしで受けることができる。

 今回、リアルコムはSharePoint Serverを経営課題や現場での業務課題解決に結び付けていくコンサルティングサービスを提供するとともに、SDPSプログラムの一環として利用できるアライアンスをマイクロソフトと締結。リアルコムが提供するサービスメニューは以下の3つとなる。

  1. SharePoint Server適用業務領域推奨コンサルティング
  2. Notes/Domino情報棚卸支援コンサルティング
  3. ナレッジ共有コミュニティー立ち上げコンサルティング

 2は「IBM Lotus Notes/Domino」からSharePoint Serverへの移行を支援するメニューとなり、3ではSharePoint Serverを活用したナレッジ共有コミュニティー(Q&Aサイト)の立ち上げを支援する。

 リアルコムでは、これまでナレッジマネジメントによる業務改革を手掛けてきた実績とノウハウを生かし、本サービスによる顧客獲得目標をサービス開始から1年で10社以上としている。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...