2008年11月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

もうレストランでノートPCを取り出さなくても済む緊急のシステム管理作業を携帯電話でさりげなくこなす

システム管理者にとって、トラブル発生の緊急連絡は避けられない。だが、必ずしもノートPCは必要ではなく、直接携帯電話から問題に対処し、解決できることもある。

[Kyle Rankin,TechTarget]

 システムトラブルに備えて待機した経験のある方なら、外食しているときや映画を見ているとき、あるいはパーティーのさなかに呼び出されてしまうのは時間の問題だということを知っているはずだ。わたしはこの3つに加えて、ほかにも間の悪いときに呼び出されたことがある。だが現在、レストランや映画館、パーティーの場でノートPCを取り出すのは、かなり非常識なことだと考えられている。例外は、お客のほとんどがシステム管理者という場合だけだ。このため緊急事態が発生すると、通常は自分の車かどこか人目につかない場所にノートPCを持ち込んで、問題を解決するまでこもって作業しなければならない。

 しかしだんだん分かってきたのは、緊急連絡で呼び出される場合の中で、ノートPC上のツールが全部必要になるのはごく一部に限られるということだ。多くの場合は、直接携帯電話から問題に対処し、解決できる。その方が迅速に対処できるときもある。また、わたしは幸いノートPC用に3Gネットワークカードを持っているが、すべての管理者がこうした装備を整えられるとは限らない。携帯電話で対処できれば、素早く作業を開始でき、最寄りの無線ホットスポットを探し回る必要はない。

 携帯電話からサーバを管理する上で重要なのがSSHクライアントだ。UNIX管理のほとんどはコマンドラインから行えるため、リモート管理はすべてSSHでできるようにセットアップするのが理にかなっている。リモートコンソールやリモートツールの多くはWebインタフェースを備えているが、そのほとんど(HPのiLOSunのALOMなど)はリモートシリアル機器をサポートし、それ以外のものもTelnetかSSHをサポートしている。

 利用できるSSHクライアントは、携帯電話のモデルによってさまざまだ。わたしはBlackBerry上でMidpSSHeを愛用している。このクライアントは無料で、これまで非常に重宝してきた。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | 携帯電話 | UNIX | サーバ | システムトラブル


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...