2008年11月06日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSソニックウォール、FWスループット600Mbpsの拠点向けUTM新製品

小企業、拠点向けにマルチコアCPU搭載のUTMアプライアンスを発売。20万円を切る価格ながら上位モデルと同等のUTM機能を備えるほか、3Gデータ通信にも対応した。

[TechTargetジャパン]

 ソニックウォールは11月5日、小規模企業向けUTM(統合脅威管理)アプライアンス「SonicWALL NSA 240」を発表した。11月中旬より各代理店より販売開始する。同社の中〜大規模サイト向けマルチコアCPU搭載UTM「NSAシリーズ」を小規模サイト向けに最適化した製品で、ファイアウォール有効時のスループットは600Mbpsとなる。

画像 SonicWALL NSA 240

 NSA 240は、従業員数50〜100人の小中規模企業・支店向けのコンパクトなUTM製品。8コアまたは4コアCPUを搭載する上位モデルNSA 4500/NSA 3500と同様2コアのCPUを搭載している。小規模向けながらファイアウォールスループットが600Mbps、アンチウイルス機能有効時のスループットが115Mbps、UTM機能有効時のスループットが110Mbpsのパフォーマンスを実現する。機能面では、アプリケーションファイアウォール、アンチウイルスのほか、IPS(不正侵入防御)、パケットを精査するディープパケットインスペクションなど上位機と同等の機能を搭載する。

 インタフェースはギガビットイーサネット(GbE)ポート×3、10/100Mbpsイーサネットポート×6、USBポート×2のほか、バックアップ回線用途の3Gデータ通信に利用するためのPCカードスロットを備える。OSには最新版のSonic OS Enhanced 5.1を採用した。

 本体価格は初年度の保守費用込みで19万8000円(税別、2009年3月末までのキャンペーン価格)。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...