ソニックウォールがUTMの最新ファームウェア、AFや冗長化をサポートNEWS

「SonicOS 4.0 Enhanced日本語版」では、アプリケーションファイアウォールやフェイルオーバーなどを実現する。

2008年03月10日 20時42分 公開
[TechTarget]

 ソニックウォールは3月10日、同社のUTMアプライアンス「PRO」シリーズ(「PRO 1260」を除く)向けの最新ファームウェア「SonicOS4.0 Enhanced日本語版」を発表した。保守契約に加入している既存の「SonicOS Enhanced」ユーザーは同日より無償でダウンロードできる。

 最新版では新たにアプリケーションファイアウォール(AF)を搭載。インバウンド/アウトバウンドのコンテンツフィルタリング、アプリケーションごとのアクセス制御、ディープパケットインスペクションによるパケット精査、デジタル著作権管理などの機能により、アプリケーション層(レイヤー7)でのよりきめ細かいアクセス制御を実現している。

 また、メインのアプライアンスをバックアップ用のアプライアンスと能動的に同期し接続情報を更新することにより、ハード/ソフトウェア障害時の継続運用を保証する「ステートフル・フェイルオーバ機能」を搭載。さらにシングルサインオンへの対応、インバウンドの負荷分散、HTTPSによるコンテンツフィルタリング、SSLセッションの可視化などの機能強化が行われている。

関連ホワイトペーパー

UTM | ファイアウォール | 認証


ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。