2008年11月11日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS日本アバイア、固定電話と同等機能を持つ企業向け無線IP電話を発表

保留/転送/会議通話などの内線/外線機能を備え、既存のIP-PBXと無線LAN環境を生かして固定IP電話を補完する端末として利用できる。

[TechTargetジャパン]

 日本アバイアは11月10日、既存製品と比較して小型・軽量化した企業向けワイヤレスIP電話端末の新製品「Avaya 3631 IP Wireless Telephone」を発表、提供を開始した。個人用のデスクを持たないフリーアドレス制を採用しているオフィスや、社内での移動が多いITスタッフ、ショールームの説明員などの利用に適している。

 Avaya 3631 IP Wireless Telephoneは、H.323(呼制御プロトコル)に対応した携帯型IP電話。保留/転送/会議通話などのテレフォニー機能を備え、同社の固定IP電話「Avaya one-X Deskphone 9600シリーズ」と同様の操作性で利用できることが特徴。

製品画像 Avaya 3631 IP Wireless Telephone

 IP-PBXを介してデスクにいない社員に内線番号で連絡するなど、オフィスの無線LAN環境を生かした内線・外線通話が可能になり、既存の固定IP電話端末の補完的な端末として利用できる。

 端末のカラー液晶画面(128×128ピクセル)には、IP-PBXに登録された社内の電話帳と連動して発信者の氏名が表示される。また通話中でも、アバイアの固定IP電話機やソフトフォンからのシームレスな通話切り替えが可能。

 

 端末のサイズは139×46×17ミリ、重量は106グラム。無線LAN規格は、IEEE 802.11g、IEEE 802.11bに準拠し、WPA-PSK、WPA-802.1x、WPA2-PSK、WPA2-802.1x、WEP(40/128ビット)の各セキュリティ方式に対応。同社のIP-PBX製品「Avaya Communication Manager」に対応し、無線LANのQoS規格WMM(Wi-Fi Multimedia) Basicに準拠するアクセスポイントを利用する。

 オープン価格で実売予想価格は5万円前後。

関連ホワイトペーパー

IP電話 | 無線LAN | IEEE | Skype


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

今どきシニア、半数が帰省してくる子や孫の交通費を負担――あおぞら銀行調べ
あおぞら銀行は、55〜74歳の男女約2000人を対象に「シニアのリアル調査」を実施し、結果...

news040.jpg

AIが業務要件に合わせてテキスト解析、データセクションがサービス提供
データセクションは、顧客の抱える課題や要望に合わせてカスタマイズ可能なAIテキスト解...

news015.jpg

バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。