2009年02月12日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSIBM、Windows Server 2008 Datacenterを搭載したハイエンドx86サーバをリリース

日本IBMが、Windows Server 2008 Datacenterを搭載したx86サーバをリリース。高性能サーバと、仮想化環境下におけるゲストOS数に制限のないOSの組み合わせで、大規模企業でのサーバ統合ニーズに応える。

[TechTargetジャパン]

 日本アイ・ビー・エムは2月10日、同社のハイエンドラック型x86サーバ「IBM System x3850 M2」にマイクロソフトのOS製品「Windows Server 2008 Datacenter」を付加した新製品「IBM System x3850 M2 Datacenterモデル」の販売を開始すると発表した。

画像 IBM System x3850 M2 Datacenterモデル

 IBM System x3850 M2は同社独自のチップセット技術「第4世代エンタープライズXアーキテクチャ」(eX4)を実装したハイエンドx86サーバ。最大構成である4ユニットを連結すると、6コアCPUを16個(96コア)、メモリを1Tバイト搭載できる。また、Windows Server 2008 Datacenterは、Windows Server 2008 Hyper-VやVMware ESXなどの仮想化ソフトウェア上でWindowsサーバOSを無制限に実行するライセンスが付加している。

 両製品を組み合わせることにより、大規模システムにおいて多数のサーバを効率良く統合することができる。同社では、同製品は特に中堅・大手企業でのサーバ統合に最適だとしている。また、グリーンITを念頭に置いた低消費電力型CPU搭載モデルも用意する。

 同製品の価格は最小構成時で269万8500円(税込み)。日本IBMおよび同社のビジネス・パートナーが販売する。

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...

news035.jpg

スパイスボックスがAIを活用したフォロワー獲得サービス、ブランドと親和性の高いユーザーに「いいね!返し」
スパイスボックスは、AIスタートアップ企業AIQが蓄積するInstagram約700万アカウントのプ...