2008年07月10日 18時09分 UPDATE
ニュース

NEWSIBM、オラクル、アシスト、Oracle VMベースの仮想化ソリューションで協業

オラクルやIBMの検証施設において、3社の技術者が共同で「Oracle VM」とサーバ/ストレージを組み合わせた最適構成を検証する。

[TechTargetジャパン]

 日本アイ・ビー・エム、日本オラクル、アシストの3社は7月10日、オラクルのサーバ仮想化製品「Oracle VM」を活用した仮想化ソリューションおよびITインフラ領域において協業することを発表した。日本オラクルおよび日本アイ・ビー・エムは自社製品・ソリューションを提供し、アシストは導入・構築や保守・運用支援サービスを提供する。

 今回の3社協業の具体的な内容としては、日本オラクルと日本アイ・ビー・エムの検証施設「Oracle GRID Center」および共同技術センター「IBMオラクルコンピテンシー・センター」において、3社の技術者が共同でOracle VMとIBMのサーバ製品「IBM System x」「IBM BladeCenter」やストレージ製品「IBM System Storage」を組み合わせた機能検証や推奨構成の作成を実施する。3社は既に技術検証チームを発足しており、事前検証済みの最適構成および最適構成における運用・構築手法の作成に着手している。検証を実施する予定のモデルは「IBM System x3850 M2」「IBM System x3650」「IBM BladeCenter HS21」など。

 また同日、3社はオラクル製品とIBM製品を活用した仮想化技術およびITインフラ導入の普及・促進を目的としたコンソーシアム「アシスト・IBM・オラクル仮想化アライアンス」を設立。まずはアシストを事務局として設立し、年内50社程度に参加企業を拡大していく予定だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。

news055.jpg

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。