2009年02月18日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS日本HP、最小構成で2万円台のCTO対応デスクトップPCをリリース

日本HPがビジネス向け低価格デスクトップPCの新製品を発売。用途や予算に応じてCPUやOS、メモリ容量、HDD容量などを選択できる注文仕様生産モデルとして販売し、最小構成で2万円台の低価格を実現する。

[TechTargetジャパン]

 日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は2月17日、ビジネス向け低価格デスクトップPCの新製品「HP Compaq Business Desktop dx7500/CTシリーズ」(以下、dx7500/CTシリーズ)を販売開始すると発表した。

 dx7500/CTシリーズは、ユーザーが注文時にCPUやOS、メモリ容量、グラフィックスカード、HDD容量、保証期間などを用途や予算に応じて選択できるCTO(注文仕様生産)モデル。省スペース型筐体の「dx7500 SF/CT」とマイクロタワー型筐体の「dx7500 MT/CT」の2種類を用意し、いずれのモデルもインテルG45 Expressチップセットを搭載する。

画像 HP Compaq Business Desktop dx7500 SF/CT

 省スペース型筐体にインテルCeleron 440プロセッサ、プリインストールOS無しを選択したモデルは2万円台で購入できる。また、インテルCore2 Quadプロセッサや高性能グラフィックスカードを搭載する高スペックモデルを構成することも可能。搭載OSにはWindows Vista、もしくはダウングレードサービスを利用してWindows XP Professionalを選択することできる。

 同製品は、日本HPのオンラインストア「HP Directplus」、HP Directplusコールセンター、同社のパートナー企業および販売代理店で販売する。価格は、dx7500 SF/CTの最小構成で2万9820円(税込み)、dx7500 MT/CTの最小構成で4万8090円(税込み)となっている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

企業のネット炎上を疑似体験、ホットリンクが「働くひとのための炎上防災訓練」を販売
ホットリンクは、スタッフを起点としたネット炎上事案の防止を目指す危機管理プログラム...

news061.jpg

トレジャーデータが提供するデジタルマーケター育成の本格的なオンライン教材、その中身とは?
トレジャーデータはzero to oneと共同で開発した、デジタルマーケター育成のためのオンラ...

news046.jpg

モバイルニュースアプリの利用者数は4683万人――ICT総研調べ
モバイルニュースアプリ市場はここ数年で大きく拡大し、今後も利用者数の増加が見込まれ...