2007年11月12日 04時45分 公開
特集/連載

マルチコアプロセッサはデスクトップPCでも性能を発揮するかOSとアプリケーション

どんなサーバでもマルチコアプロセッサの恩恵を受けることができる。しかしデスクトップPCの場合、マルチコアプロセッシングの実際的なメリットは何だろうか。

[Serdar Yegulalp,TechTarget]

 今日のPC──一般的なデスクトップPC──は、複数(2つあるいは4つ)のコアを備えたプロセッサを搭載している。その実質的な効果は小さなパッケージに2個あるいは4個のプロセッサを組み込んだものと同様であり、しかも消費電力は後者のマシンよりもずっと少ない。CPU速度が限界に達しつつある今日、CPUに複数のコアを追加するという方式が、パフォーマンスを向上するための新たな手段として脚光を浴びている。

 Microsoft OfficeやWebブラウザといった標準的なアプリケーションしか使っていないユーザーの場合、マルチコアアーキテクチャで何か得をすることがあるのだろうか。短い答えで言えば「イエス」だが、マルチコアプロセッサから具体的にどういったメリットが得られるのかという点については、少し説明が必要だ。

 まず、OSがマルチコアプロセッサをどのように活用するのかを理解する必要がある。マルチコアプロセッサを活用するには、OSは複数のコアを「意識する」必要があり、これらのコアはユーザーおよびシステム上で動作するプログラムからは別々のプロセッサとして見える。OSが複数のコアを意識していなければ1個のプロセッサしか「見えず」、ほかのコアはOSにもアプリケーションにも使われない(つまり無駄になる)。

Windows Vistaはそのままでマルチコアを認識

関連ホワイトペーパー

Windows | マルチコア | Windows Vista | Intel(インテル)


ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。