2009年03月19日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSブルーコート、支店からの“トラフィック逆流”を防ぐセキュリティ装置

WAN回線上で支店からセンター側へトラフィックが逆流するバックホールを抑制するプロキシアプライアンスが発売。マルウェア対策機能も利用することができる。

[TechTargetジャパン]

 ブルーコートシステムズは3月18日、拠点向けプロキシアプライアンス「Blue Coat ProxyAV 210」(以下、ProxyAV 210)を発表した。同日各販売代理店経由で販売開始する。価格は44万円(税別)から。

画像 ProxyAV 210

 ProxyAV 210は、ウイルス対策機能を搭載した小規模拠点用途のプロキシアプライアンス。本社(センター)−支店間をWAN回線で結んだ場合、支店側から本社側のインターネットゲートウェイへとトラフィックが逆流する「バックホールトラフィック」における輻輳(ふくそう)を、センター側に設置した同社のプロキシ/WAN高速化アプライアンス「ProxySG」と協調動作させることで軽減することができる。拠点のユーザーが動画やRIA(リッチインターネットアプリケーション)といったWANの限られた帯域を消費するアプリケーションを利用することにより発生するトラフィックの逆送から、業務アプリケーションのWAN越しのレスポンスが影響を受けるのを防ぐ効果がある。

 また、支店側のゲートウェイセキュリティ対策として、Kaspersky Labs、McAfee、Panda Security、Sophosなどのアンチウイルスエンジンを利用でき、不正サイトからのマルウェアダウンロードやWebメール経由でのウイルス感染をブロックする。

 ProxyAV 210では1台で100ユーザーまでの接続をサポートする。なお本体価格にはウイルス対策用ライセンスは含まれない。


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...