2009年05月18日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Zend Frameworkの複数のバージョンにも対応JavaScriptサポートが強化されたPHP用IDE「Zend Studio for Eclipse 6.1」

ゼンド・ジャパンが2009年4月に発表した、PHP統合開発環境の最新版「Zend Studio for Eclipse 6.1 日本語版」。マイナーバージョンアップながら、重要な機能の追加や強化が行われた。幾つかの主要な機能を紹介する。

[山田祥寛,WINGSプロジェクト]

 Zend Studio for Eclipse(以下、Zend Studio)は、Webアプリケーション向けのスクリプト言語であるPHP(PHP:Hypertext Preprocessor)統合開発環境(IDE)。2008年3月にEclipseをベースプラットフォームとした最初のバージョンである「6.0」が発表された。今回は6.0から6.1へのマイナーバージョンアップだが、多くの機能が強化されている。本稿では、Windows XP Professional(SP3)にインストールして検証を行った。

photo Zend Studio 6.1のメイン画面《クリックで拡大》

Eclipse 3.4に対応

 Zend Studio 6.1では、そのベースとなるEclipseプラットフォームが「3.3.2」から「3.4.1」にバージョンアップされた。見た目や操作感などの基本的な部分については、大きな変更はないようだ。しかし、リモートのマシン上のファイルを参照したり編集したりできる新機能「リモート・システム・エクスプローラー」が搭載されたのをはじめ、検索機能や印刷機能が使いやすくなるなど、その操作性は着実に向上しているといえる。

Zend Framework対応の強化

 Zend Studio 6.1では、PHPアプリケーションのフレームワークである「Zend Framework」への対応が強化された。従来のバージョンでもZend Frameworkに対応したさまざまな機能を提供してきたが、6.1ではその対応機能がさらに拡張されている。

Zend Frameworkの複数バージョンに対応

 Zend Studio 6.1から、Zend Frameworkプロジェクトを作成する際に、複数のZend Frameworkのバージョン(Zend Framework 1.0/1.5/1.6/1.7)を選択できるようになった。これにより、従来のバージョンで作成したZend Frameworkプロジェクトを、Zend Framework 1.7にアップグレードさせることなく、Zend Studio 6.1へ移行可能だ。

photo [Zend Frameworkプロジェクト]ダイアログボックス

 ただし、[Zend Frameworkプロジェクト]ダイアログボックスの選択項目には「1.0、1.6、1.7」の3つバージョンしか表示されない。Zend Framework 1.5に対応するプロジェクトを作成するには、[PHP Include Path]ダイアログボックスで[変数追加]ボタンをクリックして表示される[新しい変数の追加]ダイアログボックスで、変数「FRAMEWORK_1.5_HOME」を追加する必要がある。

photo Zend Framework 1.5の設定

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news108.jpg

マイクロアド、アプリ内コミュニケーションエンジン「MicroAd ENGAGE」の提供開始
マイクロアドは、アプリ内コミュニケーションエンジン「MicroAd ENGAGE」の提供を開始し...

news110.jpg

「Pepper」用動作設定アプリにデータ分析ツールを連係、ソフトバンク・テクノロジーグループが提供
M-SOLUTIONSとソフトバンク・テクノロジーは、「Smart at robo for Pepper」のオプション...

news105.jpg

Jストリームとゼロスタート、「サイト内検索連動型動画広告サービス」を共同開発
Jストリームは、ゼロスタートと「サイト内検索連動型動画広告サービス」の提供に向けて共...