2008年12月03日 08時30分 公開
ニュース

エンバカデロ、Windows開発環境を.NETやMonoまで拡張する開発ツールの新版NEWS

.NET FrameworkやLinux/Mac OS Xなどの異なるプラットフォーム向け開発機能を強化した。

[TechTargetジャパン]

 エンバカデロ・テクノロジーズは12月2日、RAD(Rapid Application Development)環境ソフトウェアの新版「CodeGear RAD Studio 2009日本語版」を発表した。12月10日から出荷を開始する予定。

 RAD Studio 2009は、ネイティブWindowsMicrosoft .NET Framework、Web/データベースアプリケーション開発のための統合開発ツール。主要なデータベースへの共通のアクセスインタフェースを装備し、Windows環境向け開発ツール「Delphi 2009」やC++環境開発ツール「C++Builder 2009」のRAD機能に加え、今回.NET開発機能「Delphi Prism」を新搭載し、オープンソースソフトウェア「Mono」によってLinuxやMac OS X向けのアプリケーション開発にも対応できる。

 RAD Studio 2009には、目的別に3つのエディションが用意される。ローカルデータベース接続機能を搭載したアプリケーション開発向け「RAD Studio 2009 Professional」、クライアント/サーバや多層データベース、Webアプリケーション開発向け「RAD Studio 2009 Enterprise」、Enterprise版の機能に加え、データベースモデリング・設計機能を搭載した「RAD Studio 2009 Architect」の3つ。

 また今回の新版では、各開発環境向けの機能も強化された。.NET開発向け機能として、新たにRemObjects Oxygeneコンパイラ機能が搭載され、Win FormsやWPF(Windows Presentation Foundation)、ADO.NETやASP.NET、LINQなどの最新の.NET技術を活用することが可能になった。Delphi向け機能としては、ジェネリックスや無名メソッドなどの言語機能が搭載された。さらに、dbExpressを用いたデータベースアプリケーション開発やネイティブDataSnapサーバに接続する.NETクライアントの開発を可能にした。

 ネイティブWindows環境開発向けの機能として、IDEからVCL(Visual Component Library)までのUnicodeを支援し、新しいVCLコンポーネントや既存のコンポーネントを強化したインタフェースを活用できる。そのほか、DataSnap機能によりデータおよびロジックを分離させ、データベースの構造を可視化するデータモデリング機能を搭載した(Architect版のみ)。

■CodeGear RAD Studio 2009の販売価格(円/税込み)

製品名 新規購入 バージョンアップ
CodeGear RAD Studio 2009 Professional 17万6400 8万1900
CodeGear RAD Studio 2009 Enterprise 33万6000 21万
CodeGear RAD Studio 2009 Architect 52万5000 35万7000

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...