2008年07月16日 17時30分 公開
ニュース

CodeGear買収のエンバカデロが日本法人設立、DB性能最適化製品を発売へNEWS

米エンバカデロ・テクノロジーズは日本法人を設立し、アプリケーション開発とデータベースの両面から開発を支援できる製品をリリースしていくと発表した。

[榎本有紗,TechTargetジャパン]

 2008年5月にCodeGearを買収した米エンバカデロ・テクノロジーズは7月15日、日本法人の設立とデータベースパフォーマンスの最適化ツールの新製品「DB Optimizer」を発表した。

 米エンバカデロ・テクノロジーズは、1933年に創立されてからデータベース関連を中心にソフトウェア開発者向けのツールを提供しているベンダー。「Fortune 100」の優良企業100社のうち90社、Forbesが発表する世界の企業ランキング「Global 2000」の企業の97%が同社製品を採用、北米を中心に世界で約320万人のユーザーがいるという。

 今回、日本法人となるエンバカデロ・テクノロジーズ合同会社が設立され、代表(職務執行者)には、前CodeGear事業本部長の八重樫行男氏が就任した。「開発者に100%フォーカスした開発者のための独立系ツールベンダー」をコンセプトとする。日本法人の当面のゴールとしては、「Embarcadero(エンバカデロ)ブランドの確立」「CodeGear製品の拡販の継続」「DatabaseGear製品のマーケット整備」の3点を据えている。

データベース関連+アプリケーション開発の連携で包括的な製品を

「これまで、1社でこれだけの言語をサポートしているベンダーはなかった」と語るウェイン氏

 同社は今回のCodeGearの買収により、データベース関連だけでなくアプリケーション開発も併せてカバーできる製品を目指す。これまで培ってきたデータベース関連のノウハウおよび技術を「DatabeseGear」、一方のコード関連を「CodeGear」としてブランド化し、幅広く問題解決に対応していく。

 エンバカデロ・テクノロジーズ 最高経営責任者(CEO)ウェイン・ウィリアムズ氏は、「昨今のシステム開発はますます多様化し、ユーザーはすべてのプラットフォームを包括できる統合製品を必要としている」と指摘した上で、同社が包括的に対応できることを示す特徴の1つとして、次のように複数の言語をフルサポートできることを挙げた。

エンバカデロ・テクノロジーズが対応する言語
コード(CodeaGear対応) データ(DatabaseGear対応)
Java SQL(すべてのバージョンとその派生)
Ruby Transact/SQL(サイベース)
C++ PL/SQL(オラクル)
Pascal T-SQL(Microsoft SQL Server)
PHP SQL Procedure Language(DB2)
HTML E/Rモデリング
Java Script XML
UML BPM

 同社は今後、システム全体をデバッグおよび最適化できる製品にフォーカスし、ソフトウェア開発者の生産性向上と品質向上に貢献していくという。その手始めとして同日、SQLのコーディングに関する問題を検出・調整し、パフォーマンスボトルネックを取り除くことでデータベースとアプリケーションの実行性能を改善するツール「DB Optimizer」を発表、世界各国で販売を開始した。北米での価格は1ライセンス当たり1500ドル。日本での価格や出荷予定については未定。

 なお、DatabaseGear製品の販売については、日本で10年以上、米エンバカデロ・テクノロジーズのデータベース製品を日本向けにローカライズおよびサポートしてきた日揮情報ソフトウェアと協業。ローカライズおよびサポートは日揮情報ソフトウェアが引き続き行い、製品販売は2社で行っていく。

関連ホワイトペーパー

データベース | SQL | Java | 統合開発ツール


ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...