2009年07月16日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS接続前・接続後で“フルタイム検疫”――ジェイズ・コムがTrustwaveのNAC新製品

従来の検疫方式に比べて導入のハードルを低くするNACアプライアンスのラインアップを一新。併せて検疫から治療までを1台でこなすオールインワン型のアプライアンスも新投入する。

[堀見誠司,TechTargetジャパン]

 ジェイズ・コミュニケーションは7月15日、米TrustwaveのNAC(ネットワーク検疫)新製品を発表した。旧Mirage Networksの既存製品をリブランドするとともに、統合型の新モデルを同日リリースした。「導入が容易なNAC」として、インテグレーションや販売を手掛ける。

画像 検査(監視)・隔離・治療(修正)の機能を1台でこなす「MAX-500」

 同社は従前、ネットワークセキュリティ関連の販売代理店として米Mirage NetworksのNACアプライアンス製品群「Mirage Endpoint Control」を取り扱っていた。Mirageが2009年2月にPCIコンプライアンスPCI DSSへの準拠)監視サービスなどを提供する米Trustwaveに買収されたことに伴い、新たにTrustwaveブランドの製品としてディストリビューションを行う。

 NACはネットワークを利用するユーザーごとにアクセスを制御し、端末のセキュリティ問題を修正するシステム。これまで業界標準が確立されていない背景もあり、コストや既存のネットワーク環境を変更する手間が掛かるなど導入のハードルが高いため、普及が進んでいないのが現状だ。Mirage Endpoint Controlでは、端末監視用のセンサー、センサーを管理するサーバ、認証・検疫用サーバなど機能別のコンポーネントに分け、既存環境やこれまでのNACの技術方式に依存しないシステムを実現している。センサーがクライアント端末のプロトコル上の振る舞いを常時監視、異常を検知することにより、端末側にエージェント(管理用プログラム)を導入することなくウイルスのゼロデイ攻撃を防ぐことが可能。

画像 Endpoint ControlでWindowsの自動更新(Windows Update)がオンになっているかどうかをチェックしている様子
画像 「中小企業を対象にセキュリティ監視のマネージドサービスも展開する予定」とTrustwave 日本・韓国担当ディレクターの森下恭介氏

 Mirage Endpoint Controlの特徴は、各端末が持つARPテーブル(MACアドレスとIPアドレスの対応情報)を一部書き換えることで検疫を実施している点。認証スイッチやDHCPサーバと連携させたり装置をインラインで設置する必要がなく、レイヤー2レベルでポリシーを満たさない端末を隔離できる。「LAN接続前(Pre-Admission)だけでなく接続後(Post-Admission)も問題のある端末を隔離できるフルタイム検疫を実現した」(ジェイズ・コミュニケーション)

 今回、Mirageの既存製品のラインアップが「X-50/100/500」(センサー)、「M-1/10」(管理サーバ)、「A-500」(認証・検疫サーバ)という名称でモデルチェンジしたのと同時に、これらのコンポーネントを一体化した装置「MAX-500」が新たにリリースされた。MAX-500はユーザーが自社内ですべて運用する場合に最適化したモデルで、価格は528万円(税別)。ジェイズ・コミュニケーション 代表取締役社長の愛須康之氏は、MAX-500の販売目標を1億円としている。


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

「Gotcha!mall」が「LINE」と連携
グランドデザインは、スマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッ...

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...