2008年10月15日 07時30分 公開
特集/連載

MSのNetwork Access Protectionを活用したポリシー強制NAPと4つの強制手段

Windows Server 2008とWindows Vistaに組み込まれているNAPでは、カスタマイズされたポリシーを作り、ネットワークのセキュリティ状態をチェックすることができる。

[Elizabeth Quinlan,TechTarget]

 Network Access Protection(NAP)はMicrosoftのWindows Server 2008Windows Vistaに組み込まれているセキュリティポリシー強制プラットフォームで、システムの正常性を保つためのコンプライアンス強制によって、ネットワーク資産の保護を実現する。NAPユーザーはカスタマイズ版のポリシーを作成し、クライアント(Windows搭載PC)がネットワークに接続したり通信したりする前に、セキュリティをチェックできる。

 NAPは問題の是正に関して複数のオプションを設定できる。オプションでポリシーを順守していないクライアントを隔離してネットワークアクセスを制限したり、クライアントを許容できるセキュリティ水準にまで復元したり、ポリシーに沿ったコンピュータを自動更新して最新のコンプライアンスを適用したりできる。NAPはクライアントのセキュリティ状況に応じて、ネットワークへの完全アクセス、制限されたネットワークへの限定アクセス、ネットワークへのアクセス全面禁止などを設定できる。

 NAP用に選んだ強制手段によってポリシーの適用方法が決まる。ポリシーはDHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)、VPN with Routing and Remote Access、IEEE 802.1Xポートベースの有線/無線LAN接続コントロール、IPsecで守られたトラフィック経由で強制できる。NAPではまた、既にネットワークに接続している順守PCに最新のコンプライアンスを適用することも可能だ。これは、ポリシーやクライアントの状態が変わった際に役に立つ。

NAPの仕組み

 NAPはWindows Server 2008、Windows Vista、Windows XP SP3クライアントのエージェントで機能する。クライアント環境にはシステム正常性エージェント(SHA)、検疫エージェント(QA)、強制クライアント(EC)が含まれる。クライアントがDHCP、VPN、IEEE 802.1X、IPsec経由で接続すると、SHAがクライアントの現状を判断し、ネットワーク接続要求をネットワークポリシーサーバ(NPS)に転送する。NPSはシステム正常性検証ツール(SHV)と検疫サーバ(QS)を備える。もしクライアントがポリシーに準拠していなければ、隔離ネットワークに送られて修復サーバが適切なセキュリティアップデートを適用し、システムを準拠させる。クライアントが準拠していれば、会社のネットワークへのアクセスを許可する。

DHCP検疫

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...

news162.jpg

「中古品の購入・使用への抵抗感」が増加 コロナ禍の影響か――メルカリ調査
メルカリによる定点調査。利用者が増え続けるフリマアプリですが、コロナ禍の消費者心理...

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?(無料eBook)
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...