2009年07月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ネットワークがクラウド実用化の鍵を握るクラウドコンピューティングにおけるネットワークの考慮点

クラウドコンピューティングにおけるネットワークの注意点について、パブリッククラウドとプライベートクラウド、クラウド内ネットワークとクラウド外ネットワークに分けて考察してみる。

[Tom Nolle,TechTarget]

 クラウドコンピューティングは、さまざまな場所にあるサーバストレージをネットワークで接続し、リソースプールを作成してリソースを共有する技術だ。アプリケーションが実行されると必要に応じてリソースがこのプールから割り当てられ、ユーザーに接続される。リソース(サーバとストレージ)をリソースプールに接続した上でユーザーを適切なリソースに接続することが、クラウドコンピューティングにおけるネットワークの役割だ。

 クラウドコンピューティングアプリケーションの多くでは、ネットワークのパフォーマンスがクラウドのパフォーマンスの鍵を握る。これは2次元マトリックスで考えると分かりやすい。このマトリックスは、行の項目が「パブリッククラウド」と「プライベートクラウド」、列の項目が「クラウドアクセスネットワーク」と「クラウド内ネットワーク」というものだ。

パブリッククラウドのアクセスネットワーク

 パブリッククラウドにアクセスするためのネットワークは、大抵はインターネット経由で実現されるが、一部のクラウドプロバイダーは大口顧客向けにVPN(仮想プライベートネットワーク)をサポートしているかもしれない。パブリッククラウドにアクセスする場合、常にセキュリティとパフォーマンスのトレードオフが発生する。すべてのクラウドプロバイダーが暗号トンネルをサポートするとは限らないため、企業はインターネットを介して情報を無防備な状態で送信することになるかもしれない。一方、暗号化が利用可能な場合、利用することで遅延が増えるのは確実であり、パフォーマンスに影響が出る可能性がある。

 セキュリティを損なうことなく遅延を減らす唯一の方法は、通過する「ホップ」を最小限に抑えることだ。インターネットは、相互接続されたプロバイダーのネットワークの集合体であり、特定のクラウドサービスにアクセスする場合、そのトラフィックが幾つかのプロバイダーのネットワークを通過する可能性がある。選択肢となっているクラウドプロバイダーとISP、特に通常利用するISPとがどのように接続されているかを確認しなければならない。遅延を減らすという観点で最適なクラウド/ISPの組み合わせは、ほとんどの場合ホップ数が最も少ない組み合わせだろう。

プライベートクラウドのアクセスネットワーク

 クラウドにおけるネットワークの2つ目の考慮点は、プライベートクラウドにアクセスするための方式だ。大抵の場合、企業は自社のプライベートクラウドにアクセスする際、データセンターにアクセスするのに利用していた技術を使う。その中にはインターネットVPNや、ネットワーク事業者のVPNサービスなどが含まれるだろう。「クラウド化する前」の構成でアプリケーションに快適にアクセスできていた場合には、プライベートクラウドへの移行は、アクセスのパフォーマンスに影響しないだろう。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

国内動画リワード広告市場が急成長、前年比2.4倍に──fluct調査
fluctは、国内動画リワード広告市場に関する調査を実施。2022年までの市場規模予測を公開...

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...