2009年10月02日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSNRIセキュア、各種メッセージログを電子メールとして一元管理できる新製品

NRIセキュアテクノロジーズがセキュリティ管理ソリューション「SecureCube」の新製品を発売。各種コミュニケーションサービスの通信メッセージログを電子メールに変換して一元管理できるようにする。

[TechTargetジャパン]

 NRIセキュアテクノロジーズは9月30日、ファイル送受信サービスや金融情報サービスなどの通信メッセージログを電子メールに変換して一元管理するソフトウェア製品「SecureCube / Message Crawler」(セキュアキューブ/メッセージクロラ)を同日より発売すると発表した。

 SecureCube / Message Crawlerは、電子メール以外の各種コミュニケーションサービスの通信メッセージログを収集、電子メール形式に変換するとともに、各サービスのアカウント情報を社員のメールアカウントに関連付け、さまざまなログ情報の一元管理を可能にする。各サービスで個別に行っていたログの収集・管理作業を一元化できるため、運用管理負荷を軽減できる。また、電子メールに変換したメッセージを既存のアーカイブシステムや監査システムへ転送できるため、既存システムを修正することなくログ監査業務を効率化できるという。

画像 SecureCube / Message Crawlerの利用イメージ

 同製品は2009年9月時点で、金融情報ベンダーが提供するメッセージサービスと、同社が提供するファイル送受信サービス「クリプト便」の通信メッセージログに対応している。同社では今後、同製品が対応できる通信メッセージログの種類を順次拡充していく予定だという。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

現代人の30のメディアライフスタイルとは?――電通調査
電通はビデオリサーチと共同で、生活者のメディア視・聴・読習慣を可視化し、30のメディ...

news061.jpg

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audi...

news045.jpg

売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。