2009年06月01日 09時00分 公開
ニュース

NRIセキュア、アクセス制御・監視ツールにHTTPS監査機能を追加NEWS

NRIセキュアが同社のアクセス制御・監視ツール「SecureCube / Access Check」に、HTTPS暗号化通信の内容を監査できる機能を追加。6月1日より販売を開始した。

[TechTargetジャパン]

 NRIセキュアテクノロジーズは6月1日、同社のアクセス制御・監視ツール「SecureCube / Access Check」にHTTPSの暗号化通信を制御・監査できる機能を追加し、販売を開始した。

 SecureCube / Access Checkは、サーバに対するユーザーのアクセスを制御・管理するとともに、通信内容の監査やアクセスログの記録なども行うことができるソフトウェア製品。既存のユーザーIDとパスワードをそのまま利用しながらアクセス制御が可能で、サーバやクライアントにエージェントソフトウェアをインストールする必要もないため、スムーズな導入が可能だという。

 同製品は、これまでもTelnet/SSH、HTTP、FTPの通信内容を監査することができたが、今回の機能強化でHTTPSによるSSL暗号化通信の内容も監査できるようにした。この機能を実装するアクセス制御・監視ツールは、国内では同製品が初めてだという。これまでは、本来HTTPSによる暗号化通信が望ましい機密情報でも、IT全般統制で必要なユーザーアクセス管理やログ管理のために、セキュリティリスクと引き換えに監査可能な非暗号化通信を利用するケースも多かった。このような場合は、同製品を導入することにより、セキュリティ対策とIT全般統制対応を両立させることが可能になるという。

 また同社では、海外へのシステム運用委託などのニーズ増加を踏まえ、同製品の英語版の提供も行う。

 同製品のライセンス価格は485万円(税別)から。同社は、2009年度の売り上げとして3億円を見込んでいる。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。