2010年05月25日 08時00分 UPDATE
特集/連載

DaaSの実現に向けて仮想デスクトップインフラとプライベートクラウド

プライベートクラウドに仮想デスクトップインフラを配備するに当たって、標準化する必要のある技術やワークフローについて解説する。

[Brad Maltz,TechTarget]

 顧客やコンサルタントと仮想デスクトップの話をしていると、「デスクトップインフラをクラウド内でホスティングするというのはどうだろうか」と聞かれることがよくある。この質問から、クラウド内でデスクトップを運用する際の考慮すべき問題について会話が弾むこともある。ここであらためて注意する必要があるのは、ほとんどの人々がクラウドコンピューティングと言うとき、それはパブリッククラウド(ホステッドクラウドモデルとも呼ばれる)のことを指しているということだ。だが今後多くの企業では、プライベートクラウドに配備される仮想デスクトップインフラの重要性が高まることが予想される。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

「Gotcha!mall」が「LINE」と連携
グランドデザインは、スマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッ...

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...