2010年06月07日 07時30分 UPDATE
特集/連載

マイクロソフト次世代UCスイートのハイライトは?次期版Office Communications Server“14”の新機能を検証する

2010年下半期にリリース予定のOffice Communications Server“14”には、位置情報機能、ボイスメールのテキストプレビュー機能など、魅力的な機能が幾つかある。

[Leigha Cardwell,TechTarget]

 マイクロソフトは統合コミュニケーション製品「Office Communications Server」の最新バージョンを発表し、米フロリダ州オーランドで開かれたコンベンション「VoiceCon 2010」で詳細を明らかにした。Office Communications Server“14”(以下、OCS“14”)というコードネームの同製品(製品名称は「Office Communications Server 2010」になる見込み)は、グローバルなコミュニケーションとコラボレーションに対応するため同社の知識とイマジネーションを組み合わせているようだ。本稿ではOCS“14”の機能を検証する。

 OCS“14”は、勤務時間のうち席を離れて過ごす60%の効率性と生産性を最大限に高めるつくりになっている。OCS“14”は企業向けの総合的なテレフォニーを、相互運用性と拡張性のあるプラットフォーム上で提供し、Microsoft SharePoint Server、Microsoft Exchange ServerMicrosoft Officeと密接に統合。他社のユニファイドコミュニケーション(UC)製品やサードパーティーのPBXなどとの相互運用のしやすさをうたっている。

 「VoiceCon 2010」の基調講演で米Microsoftコミュニケーション部門のガーディープ・シン・ポール副社長はOCS“14”について、企業が導入済みのUCの代替になるものではなく、インストール済みアプリを増強するものであり、基盤に組み込むための拡張可能なプラットフォームを提供するものだと強調した。

 マイクロソフトの目的は、会社のネットワークの内と外にいるユーザーに同じ通信機能を提供することにある。そしてベンダーに縛られることなくこれを実現し、新しい通信トレンド、技術、配信手段(社内型とクラウドベースのソリューションを含む)をシームレスに統合できる直接的な手段を提供することだ。

 ここまで読んだ読者は、以上の点に目新しさは何もないと思うだろう。OCS“14”について革新的だと思える点は何もない。実際、ほとんどのUCベンダーは同じ、あるいは似たようなことを言っている。問題は、シン・ポール氏が描いたように、OCS“14”がこの製品(そしてマイクロソフト)を他社の製品から際立たせ、エンドユーザーの採用によって革新的局面が加速するという構図に、実際になるかどうかだ。

 OCS“14”には、以下のような魅力的な機能が幾つかある(魅力的というのは、企業に必要ということだ)。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

「Gotcha!mall」が「LINE」と連携
グランドデザインは、スマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッ...

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...