2010年07月30日 11時10分 UPDATE
ニュース

NEWS3G接続に対応したローエンド版UTM「FortiGate-60C」

独自のSoCを初搭載し、最大スループットは1Gbpsを記録。低価格ながらエンタープライズ版に匹敵するパフォーマンスを提供するとしている。

[上口翔子,TechTargetジャパン]

 フォーティネットジャパンは7月30日、UTM(統合脅威管理)アプライアンス「FortiGate」の最新版「FortiGate-60C」を発売した。低価格設定のローエンド版ながら、SDHCメモリカードや3G接続用のスロットを搭載。多拠点に事業所を構える小売業や、金融サービス、医療、地方行政に向け、エンタープライズ版に匹敵するパフォーマンスを提供するとしている。

 特徴は、独自のSoC(System on a Chip)を初搭載したこと。ファイアウォールのスループットが高速化し、従来製品と比較して約10倍の1Gbps(最大時)となった。SoCは自社で開発し、システムCPUと独自のコンテンツ/ネットワークASICを1チップに統合した。

画像

画像 「FortiGate-60C」SDHCカードスロットに突出防止用のネジ止めカバーを付けるなど、細かな工夫が施されている

 主にログ記録やリポート用に利用するSDHCは、最大で32Gバイトの容量に対応する(出荷時には4GバイトのSDカードが同梱)。3G接続にはExpress Cardが利用でき、セキュア環境でのモバイル端末接続やWAN最適化のためのカードをサポートする。

 管理者および販売業者向けには、セットアップ用の専用ツールを提供する。USB2.0のBコネクタを通じて、Webベースのコマンドラインで各種設定ができる。

 製品出荷は本日より。価格は15万2000円から(税込み、初年度保守費用込み)。

 同社では、ICの開発を含む各種ハードウェアの設計、開発、製造をすべて自社内で行っており、今後もユーザーのセキュリティ要件に応じた柔軟な対応、コストメリットを提供していくとしている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...