2010年12月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

BI製品紹介:クリックテック・ジャパン独自の連想技術でインメモリ処理を実現する超高速BI「QlikView」

一般的なBIツールは、膨大なデータをDWHで一度整理してからデータマートやOLAPキューブを構成する集計処理が必要だ。人工知能でも用いられる連想技術を使い、集計処理なしに高速分析を可能にするBIツールを紹介する。

[富永康信,ロビンソン]

「クリックだけで分析できる」という名のBI

 1993年にスウェーデンで創業し、現在は米国ペンシルベニア州のラドゥナーに本拠地を置くQlikTech。同社は、設立当初にオフィスを構えていたスウェーデンのルンド大学と共同で研究開発を行っていたテクノロジーを基に、その特許を保持してビジネスインテリジェンス(BI)製品の開発に取り組んだ。「ユーザーが多次元データをクリックするだけで分析結果が表示できる」という意味で名付けられたBI製品「QlikView」は、1997年に発表されたQlikView 3.15を皮切りに、2000年代にはワールドワイドで成長著しいBI製品の1つとして評価されるまでになったという。

 2009年3月に日本への本格参入を開始したQlikTechは、国内総代理店だったサイロジックをQlikView Japanとして任命。その後、営業活動を本格化する中、サイロジックを統合する形で2010年1月に日本法人のクリックテック・ジャパンを設立している。

データマートやOLAPキューブを設計する必要のないQlikView

 クリックテック・ジャパンの代表取締役 垣田正昭氏は、「QlikViewこそ開発者が集計作業の呪縛(じゅばく)から解放される唯一のBIだと信じて、どうしても日本に普及させたかったのです」と語る。

画像 「QlikViewは(IT視点もさることながら)いかに自社に役立てられるかというユーザー視点で選択されるケースが多いです」(垣田氏)

 企業が分析を行う場合、一般的なスクラッチ開発では、勘定系基幹システムの詳細データを基に集計処理を行ってデータマートを構成することで分析フロントエンドを構築する。これは一般的なBIツールも同様だ。基幹系の詳細データはETLを介してデータウェアハウス(DWH)でいったん整理し、集計処理を行ってからデータマートやOLAPキューブを構成して、ユーザーインタフェースへとつなげる。ともにやっかいな集計作業が避けられない。しかも、スクラッチ開発や一般的なBIツールでは、新たな分析軸が必要になった場合、集計処理からデータマート、OLAPキューブ、フロントエンドまですべて作り変えなければならないこともある。

 QlikViewは、基幹系の詳細データを集計処理なしに独自の理論で超正規化し、直接QlikViewのドキュメントファイルに変換することで高速な分析が可能になるという。「QlikViewではデータマートやOLAPキューブを設計する必要がなく、これらの機能に拘束されません。仮に、20億件の大容量POSデータでも問題ありません」と垣田氏は言い切る。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news024.png

Twitter、新広告フォーマット「ダイレクトメッセージカード」を発表
Twitter Japanは、一部の広告主向けに新しい広告フォーマット「ダイレクトメッセージカー...

news003.gif

「AbemaTV」に学ぶ、前例のない取り組みにおけるKPI設定の考え方
より原点に近いところからPDCAの考え方を深める本連載。今回は、Webサイト改善の実例につ...

news125.jpg

集英社がインフルエンサーマーケティング事業に参入
集英社はインフルエンサーマーケティング事業に参入すると発表した。出版社ならではの強...