2011年01月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

プライベートクラウド市場への参入Microsoft、SCVMM 2012でVMwareのvCloud Directorに挑戦(前編)

Microsoftはプライベートクラウド市場への参入を狙い、仮想データセンター管理ツール「SCVMM 2012」を2011年下半期にリリースする。前編では、新機能である管理ロールとセルフサービス型ポータルを中心に紹介する。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 最初に登場したのは米VMwareの「VMware vCloud Director」(以下、vCloud Director)だ。“すべての管理機能を管理する製品”とでも言うべきこのスイートは、集中型管理レイヤーを提供することにより、プライベートクラウドへの移行を可能にするのが狙いだ。そして今、米Microsoftもプライベートクラウド市場における競争に加わろうとしている。同社が投入するのは、「System Center Virtual Machine Manager」(以下、SCVMM)の最新バージョンだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気...

news114.jpg

LINE、QRコード読み込みで即時抽選ができる店頭販促支援サービス「LINEインスタントウィン」を提供
LINEは、「LINE」を活用した店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の新メニューと...

news082.jpg

ネットメディアの広告(PR)記事はどのくらい読まれている?──新R25調査
新R25が、ニュースやコラムなどネットメディアが提供する記事についてアンケート調査を実...