2011年02月03日 12時09分 UPDATE
ニュース

NEWS再開されるアプリケーションへの投資、ガートナーが調査

企業のIT投資が何とか持ち直してきた。これまで新規投資が凍結されていたERPなどアプリケーションへの新規・追加投資も再開され始めたようだ。

[TechTargetジャパン]

 ガートナー ジャパンは2月2日、国内企業のIT投資動向についての調査結果を発表した。2010年度と2011年度のIT投資先についてはERPパッケージなどアプリケーションへの投資が再開されるとガートナーは予測している。

 857社の回答を集計した結果によると国内企業の2010年度のIT投資額は2009年度とほぼ同じ。2011年度は全体で1.0%程度の微増になるとしている。既存システムについての維持費は減少が見込まれるが、新規投資については「比較的強い増加傾向を見せる」とガートナーは分析している。

 IT投資先のカテゴリとして目立つのはアプリケーションへの投資の再開。2008年のリーマンショック以降にERPなどアプリケーションへの投資を凍結していた企業が2010年以降、新規投資を増やしているようだ。特に従業員が2000人以上の大企業でその動きは顕著で、「パッケージ・アプリケーション」への新規・追加投資の意向は2009年調査では大企業のうち19%だったが、2010年調査では28%に跳ね上がった。

 また、ERPの改修などが必要になるとみられる「IFRS対応」についても2009年調査の9%が、2010年調査では25%となった。ガートナーは「財務・会計管理アプリケーションの改修や、ERPの導入およびアップグレードに結び付く可能性がある」としている。その他の新規・追加のIT投資先としては「サーバ仮想化」や「モバイル環境整備」などが挙がった。

 調査では「向こう3年間に重点投資すべきアプリケーション」についても聞いた。従業員2000人以上の大企業では「財務・会計管理」「購買・調達管理」「営業支援・SFA 」「マーケティング支援」「BI(ビジネスインテリジェンス)」「SCM」などが過去の調査結果と比較して2010年調査では大きく伸びたという。ガートナーは「2008年度後半から2010年度にかけてアプリケーションの新規・追加・更新・改修への投資を最小限にとどめた、もしくは延期してきた企業が、2011年度以降にアプリケーションへの投資を再開しようとする傾向がここからも見て取れる」と分析している。

関連ホワイトペーパー

IT投資 | ERP | BI(ビジネスインテリジェンス) | SCM | SFA


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...