2011年02月10日 18時17分 UPDATE
ニュース

NEWS紛失したノートPCを3G経由で遠隔ロックできる技術、ドコモとシマンテック

ドコモとシマンテックは、ノートPC向けの情報漏えい対策ソリューションを共同開発することで合意した。2011年度第2四半期にリリース予定だという。

[TechTargetジャパン]

 エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下、ドコモ)とシマンテックは2月10日、ノートPC向けの情報漏えい対策ソリューションを共同開発することで合意した。

 同ソリューションは、紛失・盗難したPCにSMSメールを送信すると、ドコモの3G回線(FOMA網)を通じて遠隔でノートPCの起動をロックしたり、HDD内のデータを無効化するというもの。

 この仕組みは、PCの起動をロックし、暗号化されたHDDへのアクセスを無効化する「インテル アンチセフト・テクノロジー」に対応したノートPCで実現。シマンテックのHDD暗号化およびデータへのアクセスを遠隔制御するソフトウェア「PGP Whole Disk Encryption with Remote Disable & Destroy」とドコモのFOMAネットワークの連携により、ノートPCの紛失・盗難などで起こる情報漏えいを防止する。

 送信するSMSメッセージはローミングで海外へ送信することも可能なことから、日本国内だけでなく海外での紛失・盗難対策にも対応するとしている。

 同ソリューションは今後、2011年2月14日(月)から17日(木)にスペインのバルセロナで開催される展示会「GSMA Mobile World Congress 2011」のドコモブースで公開される予定だ。正式リリースは2011年度第2四半期を目指す。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...