2010年04月14日 08時00分 公開
特集/連載

中堅・中小企業のためのノートPCセキュリティ強化ポイント社外持ち出しを前提にした5つのセキュリティ対策

会社のノートPCとそこに保存された大切な情報を守るために、IT管理者はどのようなことを念頭に置くべきなのか。

[TechTarget]

 中堅・中小企業(SMB)のIT管理者は、データ保護に関して考えるべきことが山ほどある。順守すべきコンプライアンス規定は数多く、社内にコンシューマー向け端末(スマートフォン、ノートPCなど)は増えるばかり。情報漏えいの件数は2010年も増え続け、企業は携帯端末や在宅勤務なども網羅した全社的なデータ保護へと駆り立てられている。

 加えて、ノートPCの紛失といった不安や課題もあり、セキュリティ強化の必要性が脚光を浴びている。だが会社のノートPCと、そこに保存された大切な情報のセキュリティを守るために、IT管理者はどんなことを念頭に置くべきなのか。ノートPCのセキュリティを強化する5つのポイントを以下にまとめた。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。