2009年02月09日 07時30分 公開
特集/連載

予算が削減されてもセキュリティを強化する方法こんなときこそ、おろそかにはできない

規模縮小とリストラの中で避けることのできない変化を利用すれば、情報セキュリティの重要性を伝えられる手段は数多くある。

[Michael Cobb,TechTarget]

 暗い年になりそうな2009年に突入し、あらゆる組織がどの部分でコストや人員を削減できそうか模索するのは確実だ。ITセキュリティのメリットは企業の業績に与える効果が最も目に見えにくいため、残念ながらいち早く予算が縮小される可能性がある。情報セキュリティの管理職にとってもスタッフにとっても、これは極めて憂慮すべきことだ。わたしの記憶では、セキュリティ予算は好調なときでも頻繁に増額されるものではなかった。つまり、ただでさえ逼迫(ひっぱく)気味のリソースが、さらに減らされそうな情勢なのだ。

 しかし、どんな形で予算を減らされても、セキュリティに対する認識の低下を招いてはならない。セキュリティ管理者として、セキュリティポリシーコンプライアンスを確実に保ち続けるため、上層部による情報セキュリティ支持を組織内の優先課題とすることだ。ほかの部局の管理職は、かなりのプレッシャーの下でプロジェクトを迅速かつ経済的に完成させようとするだろう。しかしそうしたニーズが、セキュリティで妥協する状況に結び付くことがあってはならない。リスクの所在・責任、説明責任がポリシーと職務記述書に明記されていることを確認すれば、大きな混乱は避けられる。結局のところ、上級管理職はコンプライアンスの法的責任を負っているのだ。

 では、情報セキュリティチームが前途の困難に立ち向かう最善の方法は何か。特にIT部門内部に余剰がありそうな場合、直ちに目を向けるべき問題は「継続性」だ。スキルと後継育成計画が整っていない場合、チームメンバーが抜ければ現在の知識は保てない。メールサーバのメンテナンスとトラブルシューティングのやり方を知っているのが1人だけということはないか。ファイアウォールの設定方法を本当に理解している管理者が何人いるか。責務の分担はセキュリティにとって大切だが、責務のローテーションも大切だ。それにより、特定のスキルを1人だけに担わせることを避けられる。こうした状況は、チームの規模が小さい場合や、目を掛けて育成できる若手がいない場合に陥りがちだ。

 外部の一時雇用者、コンサルタント、業務委託者を含めて安定した従業員のセキュリティライフサイクルが確保できるよう、人事面のセキュリティポリシーも見直す必要がある。同僚たちが状況の変化に直面する中で、ITリソースと施設へのアクセスが常に従業員の現状と職務内容を正確に反映したものであることを期すため、人事部門とIT部門は緊密に連携しなければならない。例えば、従業員が辞めるときに入退室カードとIDバッジを確実に返却させる手順を定めておくのは一般的だが、ネットワークアカウント停止のタイミングといったロジック的セキュリティの管理は時に見落とされることがある。

物理的セキュリティとロジック的ITセキュリティの融合

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...

news078.jpg

新規事業の実態 最重要KPI「100%以上達成」は約2割――クニエ調査
新規事業の「最重要KPI」「スケジュール遅延」「開発規模」の結果に対して、その要因とな...

news056.jpg

福田康隆氏、NEC東海林直子氏らが語る営業のデジタルシフト まずどこから始めればいい?
お客さまに会って課題を与えてもらうスタイルから、営業自身が課題を先に探して提示する...